水戸市 K様 屋根リフォーム施工事例

大震災における屋根の修繕や雨漏りの不安等を解消したい。(K様より)
トップ画像
事例

 施工事例データ

屋根 2日間
崩れた棟瓦の解体
銅線と強力な屋根土による積み直し
茨城県 水戸市

地震の影響で瓦屋根が被害を受け、雨が降る度に雨漏りの心配、余震の心配がありました。他の業者さんにお願いしても一年待ちに年待ちといわれる中、オールライフサポートさんは緊急対応のシート養生をはじめ、良心的な価格ですぐに対応してくださったのでお願いしました。(K様)

3月11日の地震により、瓦屋根、特に棟瓦の被害が多く見られました。 地震により発生した揺れが建物に伝わると、主に水平方向に力を受けます。
上部にいく程強くなり屋根の頂上の棟瓦が大きく揺れ、脱落や歪みが発生します。



既存棟瓦を剥がして、棟土を取り除きます。既存棟瓦を剥がし完了です。 棟瓦である熨斗瓦を積み直していきます。なんばんよりも強力な屋根土を入れながら積んでいきます。 K様の屋根材は現在既に製造されていないため、一枚でも割ってしまえば替えがありません。
慎重かつ迅速な施工が求められました。

徐々に熨斗瓦が積み上がっていきます。 本棟の熨斗瓦も元の通りに積んでいきます。 熨斗瓦を積んでいく際に、左右上下をしっかりと銅線で緊結していきます。

熨斗瓦を積んで銅線で緊結し、屋根土を入れる作業を繰り返し行います。 一枚一枚一段一段、高さを注視し真直になっているかを確認しながら、正確にしっかりと積んでいきます。 崩れてしまった理由の一つにこの銅線のやり方に問題がある事がわかりました。
こちらの棟瓦は銅線での緊結が甘く大雑把だった事も崩れてしまった理由の一つでした。

熨斗瓦を積み終わり、最後に紐丸と言われる棟瓦を被せます。



積み直しが完了しました。漆喰も黒漆喰で入れ直し、強力かつ綺麗に仕上がりました。

リフォームされたお客様の声

今回の地震の被害の大きには只々驚くばかりでした。東北の方に比べれば私たちの被害は小さいかもしれませんが、我が家のように瓦屋根の被害を受けた家は近所でも沢山見られました。どうしようかと思っている時にオールライフサポートの小森さんに会い、屋根の養生をお願いしました。雨が降る度雨漏りは大丈夫だろうか、また余震がきたらどうなるのか、一年待ち二年待ち等と言われる中、幾ら位かかるのだろうか、いつ頃工事をしてもらえるのか不安な事ばかりでしたが、棟瓦の修理をしていただき雨漏りの心配も無くなりました。
良心的な値段で工事もしてもらい、今は安心して生活できています。その他の工事も忙しい中短期間の内にやってもらい、オールライフサポートさんに頼んで本当に良かったと思っています。



オールライフサポート担当者からのメッセージ

震災直後に屋根のシート養生を行い、職人の手配をし、K様の地域では一番早い5月の段階で着手しました。 セメント瓦は現在生産も流通もしていない為替えの瓦材も無く、慎重にかつ迅速に工事を行わなければなりませんでした。瓦も古いので屋根の上に乗るだけでも緊張しましたが、こちらの水戸市河和田エリアの中では全体的に見ても一番早く屋根の補修を完了することができました。
このように私どもオールライフサポートが仕事を通して、災害復興の一助として働ける事に感動と感謝を感じました。




オールライフサポートのWEB限定キャンペーン

  • オールライフサポートのお得なトイレキャンペーンはこちら
  • WEB限定浴室リフォームキャンペーンはこちら
  • 給湯器リフォームキャンペーンはこちら
  • 2重サッシプラマードU キャンペーンはこちら
  • 外壁塗装リフォームキャンペーンはこちら
  • 屋根塗装リフォームキャンペーンはこちら